社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園|福井県福井市|通常保育|一時保育、0・1歳児保育

 

ポチっと三心♥

   
「最近園ではどんなことをしているのかしら。」と感じたら、ポチっとクリック。
職員のつぶやきや、行事の様子などをお伝えしていきます☆
 

ポチっと三心♥

ポチっと三心♥
フォーム
 
年賀状・・・書かなあかーん!!!!
2018-12-17
いよいよ師走も真っ只中、
平成30年も残り2週間となってしまいましたね
 
年が明けると、また前厄に突入することを知って愕然としている中村です。
こんにちは・・・
 
30代の女性は、ほぼずーーーっと厄年です。
 
それだけ公私ともに忙しく、心身ともに疲労困憊する年代ということでしょう。
世の男性の皆さん、30代の女性のことは存分に労って、
優しく接してあげてくださいね(もちろん自分含む。)
 
さて、先日12月15日は皆さんご存知の通り、
年賀状の投函開始日でした
 
三心OBの皆さんならもちろん、12月15日に投函完了してるはず♡
 
なぜなら、歴代年長さんのお友だちが、
12月15日に南郵便局さんで開催される『年賀状セレモニー』に毎年参加させてもらっているからです
 
今年もまたお声掛けいただき、ありがたく参加させて頂きました
 
来年の干支はイノシシということで、郵便局のホールには、
 
こんなに可愛いイノシシゴタツが飾られていました♡
 
ポストもこんなに可愛いことに
 
毎年、郵便局員さんもクオリティーを上げてきており、
私たち保育士もお手本にさせて頂いております!!
 
郵便局長さんよりご挨拶を頂き、
 
みんなで『♪ジングルベル』と『♪お正月』を演奏&歌いました
 
そしてメインイベントの年賀状投函
 
三心っ子の年賀状は、世にも珍しい「自分で書いた年賀状が自分に届く」システム。
 
担任の先生からのお楽しみメッセージが添えられて、
元旦に手元へ帰ってくる、そんなイリュージョンです
 
「無事に届きますように・・・」
と、一人ひとりが願いを込めて、
そぉっと、大事に投函します
 
中村は園の一眼レフカメラを構えて、キャメラマン役に徹する気持ち満々で臨んでいたのですが、
セレモニーには天下のNHKさんを始め、
福井新聞さんやその他報道各社の皆さまがいらっしゃっているため、
 
ド素人の中村なぞ、
「先生、ちょっとカメラに写っちゃうんで移動してもらっていいですか?」
とサラッとフェードアウトを促され・・・
 
↑頑張って隙間からこれぐらいの写真しか撮れず・・・
 
報道陣の皆さんがいない隙をねらって、
 
笑顔ちょーだい!!の写真やっと撮れた
 
あらゆるアングル、あらゆるポーズを要求されながら、
三心っ子全員の年賀状、無事投函し終わりました
 
しっかりインタビューも受けておりましたよ
 
その後、記念品の授与もさせて頂き、
 
セレモニーは滞りなく終了~
 
その後は、郵便局の裏側、
年賀状の仕分け機の見学をさせて頂きました
 
子どもたちは初めて見る、大きな機械に大興奮
 
代表のお友だちが、ボタンを押すと、
 
超高速でハガキが郵便番号別に仕分けられていきます。
 
人間の手がやると、1時間に超ベテランさんで3,000枚くらい仕分けるところ、
こちらの機械は1時間で5万枚ものハガキを処理していくのだとか・・・
 
機械って・・・すごいですね
 
年々、スマホやインターネット上で新年の挨拶を済ませる人が増え、
昔ながらの年賀状でやりとりをする文化が減少しているそうです。
 
ピークはなぜか2003年の44億枚であったのに対し、
2018年は24億枚と、約半数に激減・・・
 
一体何があったのかは知りませんが、
古き良き文化が一つひとつ衰退していくのは仕方がないようですがやはり、
淋しいなぁと感じます。
 
相手の顔を思い浮かべながら、
直筆で心を込めて書いた文字には、
その人の人柄や、想いや、人生が映し出される気がします。
 
中村も、三心に勤め始めてからようやく、毎年年賀状を書くようになりました。
 
大人になると出会いも増えたけど、別れも増えましたから。
 
「元気でね、また会おうね」と遠距離になった友人や仕事仲間には、
急にメールをするのもなんだかこっぱずかしいし、
年に一度の年賀状で、お互い元気かどうかの現況報告をしています。
 
たかが年に一度ですが、
年に一度だからこそ楽しみであり、絆の大切さを実感できるような気がします。
 
 
なーーーんて、エラそうに言ってるけどまだ書いてないからねーーー!!!!
今週末に頑張るよー!!!!
 
みなさ~ん、年賀状は25日までに投函しましょう
 
P.S. えいぼうくんも来てたよー(ゆめまるくんも!!)
 
 
大富豪の家。
2018-12-11
ついに先日、福井にも初雪が降りましたね
 
中村の居住地域は一晩で一面銀世界と化し、
 
中村の顔面は一瞬で青ざめ、
 
「ついこないだまで雪、見てた気がする・・・」
と、大変ブルーな気持ちに陥りました
 
しかし、まあ、
この温暖化が激しく進む現代において、
『雪がちゃんと降る』というのは自然の摂理にかなっていて、
 
本当は有難いことなのだと自分に言い聞かせて、
この冬も乗り越えるしかないと、分かっちゃいます。
 
どうかどうか・・・
無事に一冬越せますように・・・
 
 
さて、大人たちがそんな本格的な冬の到来にガックリ肩を落とす中、
子どもたちはなんだか楽しいイベントが立て続きの12月にウキウキ
 
例年よりずいぶん遅れてしまいましたが、
本日ようやく、三心のクリスマスムードをお伝えできます
 
年々パワーアップしてゆく三心のクリスマスに対する情熱ですが、
今年ももちろん新たな仲間たちが加わり、
玄関ホールは大富豪の家と化しました
 
どこからともなく聞こえてくる、
♪ジングルべ~ル ジングルべ~ル・・・
 
の曲が、よりワクワク感を高めてくれます
 
このように園長先生がご準備くださる装飾ももちろん素敵なのですが、
 
でもさらに園内を彩ってくれるのが、子どもたちの作品です
 
まずは0歳児クラスさんの、可愛いとんがり帽子
 
おうちでパーティーするときにぜひかぶってね♡
 
1歳児クラスさんは、ツリーのオーナメントに、
 
よ~く見るとサンタに扮した我が子のお顔がぶら下がっています
 
ちびちびサンタ、可愛いですね
 
2歳児クラスさんはシャレ乙な雪だるまのオーナメント
 
まるでアイシングクッキーみたいでおいしそう…♡
 
3歳児クラスさんは定番のクリスマスリース
 
紙粘土が土台だと、好きな装飾が埋め込まれて楽しく作れそうですね
 
4歳児クラスさんは、最近流行の(?)・・・
 
コレ、なんていうやつなんですかね・・・?
 
カクテルみたいに美味しそうでキレイなグラデーションになってる、アレです。
 
なんと、保冷剤に絵の具を混ぜて作っているんですって
夏場も凍らせるとイイかも♡
 
そして5歳児クラスさんは、こちらのツリー!!
 
タマタマを一つひとつ作って、一つひとつツリーになるように貼り付けた力作です
 
本当に何日も何日もかけて、がんばって作り上げました
ずっととっておきたい、オシャレなツリーが出来上がりましたね
 
これからクリスマスまで、三心の玄関はみんなの作品展になっています
 
送迎の際にはぜひ、ゆっくりとご覧いただき、
子どもたちのがんばりを作品からお感じ頂ければ幸いです
 
クリスマスまであと2週間
 
サンタさん、来てくれるかな~??ウキウキ
 
 
いいとこみつけた。
2018-12-05
両太ももにホッカイロを貼っておくと、
汗ばむほどあったかくなることを知った中村です、こんにちは。
 
今日も暑いですね。(ホッカイロのせい)
 
地味に3年ほどカイロプラクティックに通っているのですが、
太ももがやたら冷えていることを指摘されたため、
腰と両太ももにホッカイロ生活、始めました。
 
ホッカイロから発せられる熱が良いか悪いかは別として、
とにかくやたらあったかいのです。
 
暑がりの中村には考えられなかったホッカイロ生活ですが、
やってみると心なしか血流が良くなったようで、
 
寝起きの腰痛がなくなったような・・・気がします。
 
病は気から、と申しますので、
そんな気がするってことで今後もホッカイロにはお世話になろうと思います。
 
皆さんも太もも触ってみて、「なんか冷たい・・・」と感じたら、
ぜひペターッと貼り付けて生活してみてください
 
あぁ~カモシカの脚になる日もそう遠くないなこりゃ
 
 
さて、本日の三心っ子は、
5歳児クラスと1歳児クラスのお友だちでちょっとお出かけ
 
例年なら12月のこんな時期は、発表会だーーーー!!!!とバタバタしている頃なのですが、
今年は2月開催のため、お出かけできちゃうくらいのんびりと過ごせています。
 
どこへ行ったかと申しますと・・・
 
『内水面総合センター』という、聞いただけでは頭に?が飛ぶ施設です。
 
実はココ、園からバスで10分もかからない所にあります、
淡水魚を展示したミニ水族館のような施設なのであります
 
しかも入場無料!!!!(月曜休館です。)
 
入口には鯉がたくさんいる池があって、
 
エサやり体験ができます
 
昭和に話題となった、懐かしの人面魚っぽい子もいて、
地味にテンションが上がった中村。
 
この気持ちを分かってくれる人が必ずいるはず。
 
中に入ると、大きな水槽があって、
 
推定30~40歳くらいのご長寿鯉が優雅に泳いでいます。
 
館長さんがものすごく丁寧に案内して下さいました。
 
ありがとうございました
 
魚釣りゲームができるコーナーも!
 
年長さんたちは、各々役割分担をしながら、上手に遊びますw
 
バケツ係もちゃんといます。
 
何の魚を釣ったかを検証する係もいます。
 
このゲームでどうやら、「川のギャング」(外来魚のこと)という言葉を覚えたようです。
 
そして外へ出るとなんと、
 
こんなに広くて楽しそうな広場があります
 
人口の川が流れていて、夏場だと安全に水遊びができるそうです。
 
恐ろしくも、石を渡らせてもらいました(お願いだから滑って落ちないで。)
 
なぜか滝行ができそうなコーナーも・・・
 
アユが放たれている池もあるのですが、
 
毎日コイツ↓がずーーーっと張り付いていて、
 
隙あらばアユをどんどん食べていくらしく、アユの数が激減したそうです(悲)
 
鳥よけネットとか…張れば…イイんじゃ…?
 
とは言えませんでしたが、悲しいけれど自然の摂理ですのでしょうがないです。
しかしあのサギはラクしておまんま食べてますね…
 
もう少し奥へ行くと、木製の大型遊具もあるそうで、
めちゃめちゃ魅力的な施設だと思いました
 
夏場に来たら1日遊べそう・・・♡
 
大人の方向けのクイズコーナーや、
 
お子さまが描いた絵を展示してくださるスペースもあって、
 
休日にご家族で足を運んでみるのも楽しそうですよ
 
あ、別に中村、内水面センターのまわし者では決してございませんが!!
 
そして今日は、1歳児と5歳児の合同ということで、
お兄ちゃん・お姉ちゃんたちがチビーズたちに振り回されながらも、
献身的に面倒をみようとする一生懸命な様子と、
 
憧れのお兄ちゃんたちとなんとか同じことをやってみたくて一生懸命なチビーズの可愛い姿を、
 
たくさん見ることができて、ほっこりしました
 
ゲームパネルがやりたくて泣く1歳児に、
「ゲームやりたいの?ちょっとまってね、次代わってもらおうね。」
と目線を合わせて優しく声を掛ける5歳児を見て、
 
涙腺がどんどんゆるくなった中村は、涙ちょちょぎれる寸前となっておりました・・・
 
ちょっとしたお出かけでしたが、
5歳児さんにとっても、1歳児さんにとっても、
とても意義のある、素晴らしいひとときとなったのではないでしょうか
 
また一緒に、お出かけしようね♡
 
手間暇かけたものは美味しい。
2018-12-04
11月の3連休から突然、夜のウォーキングを始めた中村です。
 
どうですか?
そろそろカモシカのような脚になってきたかと思うんですが?
 
中村家周辺は坂だらけで、
30分ほど徘徊するんですがかなりの負荷がかかって苦しいです。
 
年末年始はどうしても暴飲暴食してしまうため、(それをやめればいいのに)
今のうちに少しでも代謝を上げておかねば!!!!(もっと早く始めてりゃよかったのに)
 
でも今日は大雨だからウォーキング無理だな♡ウキウキ♪
 
 
さて、そんなダイエットまがいのことをゆうとりますけれども、
園では先日(ずいぶん前ですが)悪魔の誘惑、『ギョーザクッキング』をウキウキ楽しみました
 
なんと、包むだけではなく、
三心っ子は皮から作りました!!
 
生地をコネコネ、みんなまるで中華料理屋のマスターになった気分です
 
中村も生地作りは初めて、子どもたちと必死でこさえます。
 
均一に薄く、丸く伸ばすのは本当に難しいのですが、
さすが子どもたち、何回かやってみれば、あっという間にこんなにキレイに作れるように
 
職人技~~~
 
中村より上手い~~~
 
今回は4・5歳児クラス合同のクッキングでしたので、
具材詰め行程から参加予定の4歳児クラスのお友だちが、
皮の出来具合を偵察にやってきました(笑)
 
「しっかりやっとるかね?」
 
スゴイ繁盛店の裏側の様子…↓
 
 
みんなで協力して、皮200枚完成です
 
午後からは先ほど偵察にいらっしゃっていた4歳児クラスさんも加わり、
これまた協力して中に詰める具材を準備します。
 
あ、今回のギョーザは“おやつギョーザ”なので、
具材はウインナー・ツナコーン・サツマイモとなっております
 
どれもおいしそうでしょ♡(そのまま食べたい)
 
みんな器用に包むんですね~
 
小さい手と指を駆使して、一つひとつ一生懸命包んでくれるギョーザ。
これは絶対に美味しいに決まってる!!(早く食べたい)
 
いっぱいでーきたっ
 
さあいよいよ、焼きの工程に入りますよ
 
園内中に立ち込める、『THE・ギョーザを焼いてるんだ臭』に酔いしれながら、
焼き上がりが今か今かと待ちわびすぎる子どもたち(笑)
 
そんなに見つめられたら・・・ギョーザさんも照れちゃうよ♡
 
フタをパカっと開けたら、
 
はい、できあがり~
 
マジでマジでマジで美味しそうでしょう~~~
もちろんちゃっかり配当ゲットした中村は、ぺろーっと3種類を食べ比べました
 
やっぱりツナコーンが美味しかったかなぁ・・・♡
 
いや、ウインナーも食べごたえあってビール進むしなぁ・・・♡♡
 
サツマイモも優しい味で何個でも食べれる感じで・・・♡♡♡
 
うん、だから結局どれも美味しかったってわけで
 
子どもたちからも「おかわり!おかわり!」の声が連続し、
200個あったはずのギョーザ、瞬時に完売
 
作り始めてから頂くまで、トータル4時間かかったギョーザクッキング。
 
いつもは出来上がったものをチン!したり、
冷凍されたものを3分ほどフライパンで焼いたり、
お店で注文してすぐに出てきたりと、
 
“パパッと手軽に食べられるギョーザ”のイメージが強いですが、
 
一つひとつの皮から丁寧に作り、
具材も準備し、
一つひとつ慎重に詰め、
心を込めて焼かないと美味しく頂けないってことを、
 
身をもって感じた子どもたち。
 
「自分で作るとおいしい」というだけではなく、
自分で作ってみるからこそ、
いつも作ってくれているお家の方への感謝や、
当たり前のように頂いていた身近な食べ物への感謝が湧き上がってくるのではないでしょうか。
 
食べることに感謝できる子は、いのちを粗末にはしません。
 
食べ物に手間暇かける喜びを知った子は、
誰かに幸せを分けてあげられる、心豊かな子に育ちます。
 
「ギョーザの皮から作ってみたい。」
 
そう声を上げたのは子どもたちです。
 
大変だったけれど、楽しかったし美味しかった。
クッキングの経験がまたひと回り、この子たちの心を成長させてくれました
 
やっぱりクッキングって素晴らしい活動ですね
 
次はお家の人に、心のこもったギョーザ、食べさせてあげてね
 
 
がっこういってみたーい!!
2018-11-27
11月の3連休も終わり、
いよいよ『師走』というワードが現実味を帯びる時期に差し掛かりましたね
 
園の正面玄関には今年もさらにパワーアップしたクリスマス装飾が施され、
暗くなってくるともはやただの田舎にある豪邸にしか見えない状態となっております・・・
 
その様子はまた後日
 
中村もウキウキと部屋にクリスマスツリーを出して、
毎晩「サンタクロース来ないかな」とつぶやく作戦に出ています。
 
きっと君は来…る…と信じて!!
 
さて、園では4か月後の進学を心待ちにした年長クラスのお友だちが、
『小学校プロジェクト』なるものに取り組んでいまして
 
子どもたちにとっては未知の世界である小学校という場所について、
浮かび上がってきた様々な疑問や不安を一つひとつ解決していくプロジェクトなのですが、
昨日は「もう直接、小学校のお兄ちゃんたちに質問してみたい!」
と希望するお友だちを連れて、実際に行ってまいりました
 
やるぞ!小学校プロジェクト
 
ウキウキ階段を登らせてもらって、案内してもらったのは・・・
 
↓ココです
 
懐かしの図書室
 
この日は図書貸出日のため、たくさんの小学生の皆さんがやってきます。
 
そこで三心っ子たちは、園から準備してきた質問あれこれを、
次々と来てくれるお兄さん・お姉さんに突撃インタビュー!!
 
↑卒園児のでっかくなってしまったお兄さん(6年生)です。
自分の妹が一緒に来ていなかったので、なんで?と何度も聞かれましたが、
兄さんである君に、自宅で聞けば良いと思って来なかったんだと思う・・・
 
質問の中には、
「だれがだれだかわからない」という、そりゃそうでしょうよ感満載のものや、
 
「なんのためにべんきょうするの?」とか、
「がっこうってなんのためにあるの?」なんていう、
意外と深いところを突いてくるものがチラホラ・・・
 
小学生の皆さんも、「えーっと・・・」と考え込んでしまう様子が見られました
 
確かに、なんのために勉強するんでしょうかね?
 
答えは一つじゃないだけに、あれこれ考えてしまいます。
 
それなのに、小学生の皆さん、こ~んなに親身になって答えてくれて
 
みんな優しいんだねぇ・・・♡
 
お姉さんたちが何人も集まって考えて答えてくれました
 
もはやバインダーを預かって、代わりに書いてくれるお姉さんまで出現
 
円山小学校の皆さん、あたたかいご協力ありがとうございました
 
おかげさまで、たくさんの回答を頂いた子どもたち♪
園に戻って、どんな答えを聞いてきたかまとめて、
最終的にはクラスのみんなで発表し合います
 
優しいお兄さん・お姉さんに出会えて、
みんな小学校への期待がさらに高まったことと思います
 
中村も立派に成長した卒園児たちに会えて、とっても嬉しい時間を過ごさせてもらいました
 
キミたちも春になったらここで、入学記念写真を撮るんだろうな
 
それではまた、なにか疑問が浮かび上がってきたら、
小学校へお邪魔させてもらいたいと思いまーーーす
 
P.S. ちなみに「だれがだれだかわからない」という暗号並みの質問に対しても、
うーーーーん…と考えて、
「みんな名札に名前が書いてあるから大丈夫だよ」
という神回答いただきました。
 
さすが小学生!!
拍手喝采!!!!
社会福祉法人育友福祉会
幼保連携型
三心えんざん認定こども園
〒918-8213
福井県福井市今泉町25-16-1
TEL:0776-53-2666
FAX:0776-53-2766
------------------------------
・通常保育
・一時保育
・0~1歳児保育
------------------------------
qrcode.png
http://sanshin-ns.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

293103
<<社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園>> 〒918-8213 福井県福井市今泉町25-16-1 TEL:0776-53-2666 FAX:0776-53-2766