社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園|福井県福井市|通常保育|一時保育、0・1歳児保育

 

ポチっと三心♥

   
「最近園ではどんなことをしているのかしら。」と感じたら、ポチっとクリック。
職員のつぶやきや、行事の様子などをお伝えしていきます☆
 

ポチっと三心♥

ポチっと三心♥
フォーム
 
✿ご卒園 おめでとうございます✿
2019-03-18
平成31年3月16日。
年長児24名の卒園式が無事執り行われました。
 
ご卒園を迎えられましたお友だちとご家族の皆さま、
誠におめでとうございます
 
今年の卒園児は、非常にチームワーク力が育ったクラスで、
何事にも落ち着いて、前向きに取り組み、
24人全員が同じ方向を向いて歩める、
 
そんな保育者には有難い以外の何者でもない子どもたちでした。
 
特に『感動する心』が強く、
なにをするにも友だちや先生、そしてご家族に対する思いがあふれていました。
 
今年の卒園式は、そんな子どもたちからの「ありがとう」が至る所に詰まった、
それはそれは感動的なひとときでした。
 
 
三心の卒園式では、玄関受付で渡される式次第に、
もはや直筆の「ご両親への感謝の手紙」が印刷されています。
 
着席後まもなく、泣かす
 
廊下には、子どもたちが描いた『家族の絵』が飾られていまして。
 
園生活最後になるかもしれない、親子で歩くこの廊下。
 
入園式でご家族と初めて歩いて、
卒園式でご家族とまた歩いて巣立ってゆく・・・
 
なんとも感慨深いですね
 
一方、保育室では、
開式前でまだまだヨユーの卒園児
 
部屋中に飾られた、思い出のフォトを友だち同士で眺めながら、
今日までの日々を思い返しています。
「○○ちゃん、小さいね!」
「△△くんもまだ赤ちゃんだったね!」
 
そんな会話ができるのも、成長した証だね
 
しかし、本番のお式が始まると、たちまちスイッチがONに切り替わるみんな。
 
 
修了証書授与も、堂々としていて、会場が厳かで感動的な空気に満ちました
 
そして三心の修了証書は、受け取った後すぐにご家族の元へ渡しに行きます。
 
その際になにかひとこと、お家の方へ感謝の言葉を掛けます。
 
「今日まで育ててくれてありがとう」
そんな言葉を掛けている子がたくさんいます。
 
修了証書は、お家の方の修了証書でもあるのです。
 
卒園児とお家の方と対面式で行うのも、お子さまの立派な姿をしっかり見られる演出です。
 
卒園児たちの力強い歌や、感謝の言葉が、ストレートに心に響きます。
 
式の始まりから赤い顔をして、”熱があるのかな…?”とも思えた卒園児が、
お父さん・お母さんへの手紙を読む最中に、堪えきれずに泣き出しました。
 
「ぱぱとままが たかいたかいやこちょこちょをしてくれるのが だいすき。
あそんでくれて ありがとう。」
 
大好きなお家の方に見守られる前で、
感謝の気持ちを伝えようとしたら、涙があふれてきた。
 
「ありがとう」っていつも言ってるはずなのに、
今日のありがとうは、いつもとちがう。
 
この世に生まれてきて、まだ6年。
 
たった6年で、そんな感情が持てるようになるんですね。
 
卒園の淋しさや、大好きの気持ちや、今日の緊張や、
いろ~~~~んな心がいっぱい現れると、
涙になって出てくるんだ。
 
三心っ子たちは、そんな素晴らしい感情を体験して、
社会に羽ばたいてゆきます。
 
その後、この涙がきっかけとなり、会場全体が涙腺崩壊に
 
式の最後は、卒園児からのプレゼント贈呈でした
 
今年は、例年と同じ一輪花の贈呈はやめました。
 
子どもたちから、
「お花じゃなくて、手作りプレゼントにする!」との声が上がったからです。
 
一人ひとり、自分のお家の人には何をあげようか、
何をよろこんでくれるか、よ~く考えて、
それをどうやって作るか、何を使って作るか、よ~~~く考えて、
 
デザイン画から始めて、最後まで心を込めて一生懸命作りました。
 
ですから、一人ひとりが違う、
世界にたったひとつしかない、完全オリジナルの素晴らしいプレゼントです。
 
もうこのプレゼント贈呈では、みんなが声を上げて泣きました。
 
「これ全部○○ちゃんが作ってくれたんか・・・!!」
 
『ありがとう』と『ありがとう』が重なった瞬間でした。
 
中村もできれば、嗚咽全開で膝から崩れ落ちて泣きじゃくりたかった・・・
気が付けば、自分の結婚式並みに泣いてました
 
そして気が付けば、保護者さまの膝の上が、
修了証書と、
ありがとうの手紙と、
心のこもったプレゼントと、
あふれた涙をぬぐったハンカチとで、
なんだかいっぱいになっていました。
まるで今日までお子さまと歩まれてきた6年間が、積み重ねられているようですね。
 
涙、涙の卒園式は、あっという間に退場の時間となります。
 
さあ、涙を拭いて、
前を向いて、
キラッキラの未来に向かって歩み出してね
 
年長児担任の水野も、感無量といった様子で、
式後の集まりで崩壊しておりました
 
この写真を載せるなと怒られそうですが。(なので小さく載せておく。)
 
一人で担任、本当に大変だったと思います。
がむしゃらに、ありったけの情熱を注いで、必死で育てた24人は、
ちゃんと立派になって、無事卒園していきました。
 
素晴らしいクラスにしてくれてありがとう。
そして、心からおつかれさまを伝えます
 
最後は毎年恒例!!
思い出がいーーーーっぱい詰まったこの教室で、ぜ~~~んいんで記念写真
 
平成最後の卒園児たちが、
平成最後にふさわしく、立派に修了いたしました
 
おめでとう、三心っ子!!
キミたちはこれからもずーーーっと、三心っ子だよ
 
相手を思う。
2019-03-13
昨日は福井市内中学校の卒業式、
 
そして本日は福井市内小学校の卒業式でした
 
ご卒業を迎えられました皆さま、誠におめでとうございます。
 
三心の開設2年間で、卒園児を16人送り出しているのですが、
初年度に2名、
2年目に14名でした。
 
『三心っ子』だった子どもたちが、今日で16名、
さらなる人生の節目を迎え、巣立っていきました。
 
大変喜ばしいことです。
 
子どもが成長していく過程で、
共に過ごしてきた大人も成長していなければなりません。
 
8年前に比べて、「先生も成長したよ!」と胸を張って言えるだろうか。
 
この8年間で、あんなこともあった、こんなこともあった、
でも、こうして乗り越えてきたと、
 
子どもたちの節目に合わせて自分を振り返ってみる、
そんな2019年、春。
 
 
さて、卒業シーズンの波に乗って、
今週末に卒園式を控えた三心っ子たちも、
今日はおわかれ会を満喫していました
 
0歳児から4歳児までのお友だち全員とガッツリ遊んでふれあう、
三心っ子が一丸となる、お楽しみ行事です
 
卒園児24名に対し、0歳児さんは12名・・・
 
とにかくチビッ子の取り合いしながらでも、みんな関わって遊びたい!!
 
困ってるよ、チビっ子が・・・w
 
おわかれ会では、お互いにお祝いと御礼のプレゼントを交換します
 
いよいよ実のお姉ちゃんが卒園してゆく、妹から手渡されます(涙)
 
春からは別々のところへ通うようになるんだね。
 
寂しいけど、成長のお祝いです。
 
こちらは、4月から三心のリーダーを引き継ぐ、
4歳児クラスのお友だちとのプレゼント交換。
「来年から頼むぞ!」
「おう、任しとけ!」
 
そんな世代交代の一場面。
 
そして、卒園児から在園のお友だちへのプレゼントがすごい
超大作、完全手作りの本棚&赤ちゃん用(巨大)おもちゃです
 
お部屋に足りないものは何かな?
あったら嬉しいものは何かな?
 
なにをプレゼントしたら喜んでもらえるかな??
 
他のクラスへ聞きに行ったり、
デザイン画から考案したり、
素材集めに奮闘したりしながら、
 
全部イチから、心を込めて手作りしたんです。
 
実は、完成まで思っていた以上に時間がかかりました。
 
ようやく完成間際!!ってときになってまさかの、
「キラキラのラメが、赤ちゃんの手でガリってやったときに、食べちゃうかもしれないから危ない」
と、制作していた子どもたちが気づいたそうです。
 
大人たちはその言葉に戦慄し、
「え・・・今から・・・?どうするおつもりで・・・?」
と尋ねたところ、
 
「上から透明のテープか、シール(ブックカバー)を貼らないといけない」
 
とご指摘いただきましたため、
泣く泣く最後の最後にブックカバー処理を施し、
赤ちゃんたちの安全最優先のプレゼントに仕上がりました
 
いろいろいろいろありまして、
ちゃ~んと相手のことを思って、丹精込めて作ったプレゼントを無事手渡すことができました
 
大満足♡良かったね!!!!
 
そして今日の給食はおわかれ会食
 
卒園児を囲んで、みんなで一緒に頂きました
 
メニューは(中村の)大好物!!
 
カレーピラフで~~~す
 
この写真は先生の盛り付け例ですが、
上から(無造作に)トッピングされているのはチキンナゲットですw
 
ビッグぷっちんプリンの空き容器にギューギューに詰めたご飯が2山。
 
現場の先生たちはこの山を4~5山食べます
 
中村は約2山弱でギブ。
歳、とりました・・・
 
さぁて、いよいよ卒園式まであと3日!
 
土曜日にはキミたちの歩く花道を、大好きなご家族に見守ってもらおうね
 
 
ホワイトデーだから♡
2019-03-11
タイトルから推測するに、約1か月ぶりの更新となってしまいました
 
言い訳を思いっきり書きますが、
この数週間、口から魂出るくらい何かに追われながら過ごしておりまして…
 
今週明けようやくひと段落からの、また2~3日したらエンジン全開フルスロットル前進となります。
 
ガス欠にならぬよう、ガソリン補給も忘れずに・・・
 
そして先日、突然のおたよりにての異動報告に、
心肺停止寸前の思いをさせてしまい大変申し訳ございません。
 
心優しい三心の保護者さまは、
顔を見ると「先生、ショックやわ・・・」とお声掛けくださいます。
 
こんな分際に、そんな風に思っていただけるなんて、
存在価値が少しでもあったのかと、
生きてきて良かった、と感無量なんですけれども、
 
これは中村が心の底から思っていることなのですが、
 
三心はわたくしめなぞ居なくても、ぜんっぜん影響ございません!!
 
おかげさまで長年勤めてくださっている先生方がたくさんいらっしゃる上、
若者が元気なので、より一層活発で明るい新生☆三心が始動しますよ
 
ただ、吉村先生を中村が誘拐していってしまうことに関しては、
本当に申し訳なく思っています。
 
三心の開園当初からずっと支えてくれていた吉村先生なしでは、
中村は何もできないのです
 
誠に勝手ではございますが、
心強い仲間と共に、私たちにできることを精一杯やって、
姉妹園のみんなも、三心のみんなも、
「幸せだなぁ!!」と感じながら毎日が過ごせる1年後を目指します
 
保護者さまの中には、今生の別れのように悲しんでくださる方もいらっしゃいますが、
また戻ってまいりますので
 
それ以上に、「また中村いるし。」ぐらいに言われるほど、
しょっちゅう姿を見せると思います。
 
今日、年中さんの男の子から、
「中村先生、4月から違う保育園行っちゃうんでしょ?」
と声を掛けられました。
 
「そうなんだ。寂しい?」
と聞いてみると、「うん。」と応えてくれたので、
 
「じゃあ○○くん、中村先生と一緒に来てくれる?」
と聞いてみると、すかさず、
 
「いや、それはちょっと、今はできないけど・・・」
 
と丁重にお断りされてしまいました。(悲)
 
しかし、「今は」というところがミソですね
 
彼なりに、一応気を遣ってくれたんだと思って、
そんな気遣いができるようになったことに成長を感じて嬉しくなりました
 
そんなこんなで3月も中旬に差し掛かろうとしています
 
なななんと!!
今週の土曜日には、平成最後の卒園式が執り行われます。
 
本当に1年間とはあっという間です。
 
今日の写真は、可愛い卒園児たちの集合写真で固めてみました
 
中村は三心が大好きです。
 
これから巣立ってゆく卒園児たちにも、
「三心が大好きだった」といつまでも語り継いでもらえるように、
これからも日々、愛情と創意にあふれる保育で子どもたちとかかわっていきます。
 
そして今年度も残り3週間!!
 
とりあえず異動前に、机の中にあふれているお菓子を食べ尽くそうと思います
 
 
バレンタインだから。
2019-02-16
久々の土曜日からこんにちは。
中村です。
 
前回のポチっとで、『甘いものはアカン』的なことを書き連ねておいて、
先日のバレンタインデーにちゃっかりケーキ屋さんに寄って帰りました。
 
別に自分の分は買わなくても良い日なのに、
「せっかく寄ったんだから・・・」とかなんとか理由をつけて、
ずっと気になっていたパンケーキをゲッツ!!
 
あと、三心のカワイイ後輩からも、
ちゃっかりお菓子を頂きました♡
 
一気に食べてしまわないように気を付けます・・・
 
さて、昨日は2月生まれのお友だちのお誕生会だったんですが、
 
その前に大事なお知らせが
 
現在、2歳児クラスの担任をしております、
若林先生(旧姓・柴田)が、春にご出産予定のため、
2月20日をもって産休とともにご退職されます
 
先日はおたよりにて3月1日付とお伝えしたのですが、
体調のこともあり、急きょ早まることとなりました。
 
若林先生は、気が付けばもう5年間、
三心の心強い仲間として、一緒に保育を頑張ってきてくれました。
 
とっても美人で可愛い先生ですが、
見た目だけでなく年々、人柄にもあたたかみを増し、
さらにステキな保育士へと成長されていました。
 
これから共に働く時間がなくなってしまうのは淋しいですが、
良き母として、我が子にたくさんの愛情を注ぐ時間を大切にしていってくださいね
 
この5年間、たくさんの三心っ子たちに愛情を注いでくれてありがとう
 
元気な赤ちゃんが生まれたら、
またお顔を見せに来てくださいね
 
平成最後の1年間はとにかくおめでたい続きだった三心。
 
この幸せが、たくさんの三心っ子に伝わって、
新しい年号になってもみ~んなが穏やかで幸せな日々を送れますように。。。
 
 
そして、発表会あとの誕生会と言えば!!
 
三心恒例の、ごちゃごちゃごちゃまぜのダンス大会~~~
 
 
誰がって、先生たちがイチバン盛り上がる(笑)
 
0歳児から5歳児まで、なぜかどのクラスのダンスでも、みんな踊れるという不思議さ・・・
 
中村は体力的に3歳児のダンスまでで限界でしたが
 
年中男子の学ランがやたら様になってしまう1歳児w
 
三心のダンサーズも楽しそうですね
 
今年の発表会も、みんなのおかげさまが集まって、
楽しく、大成功に終わりました
 
賑やかで、幸せがあふれる平成30年度も、
残すところあと1か月半・・・
 
1年の締めくくりに、それぞれがどんな1年だったかを振り返ったとき、
大切な仲間の顔がい~っぱい思い浮かぶ。
 
そんな子どもたちと先生たちがいる園であって欲しいと、
心から願います
 
 
 
 
ワクワクときめきメモリアル。
2019-02-12
そんなテレビゲームがあったような、なかったような。
 
最近、『平成元年』という年が30年前であるという事実に驚愕した中村です。
ごきげんいかがですか?
 
1年前の今頃は、連日雪かきに追われ、
冬にあれだけ体を動かしたのは過去一だったんじゃないかって思ってるんですけど、
だからかなんだか、やたら食べても太りませんでした。
 
疲れた体にあま~いものは、なんだかエネルギーを補給したようで元気になり、
また燃焼するために蘇ったような気がしていました。
 
が、甘いもの(砂糖が入ったもの)は体を冷やすそうですね。
 
エネルギー補給してあったかくなったと信じ込んでいましたが、
もはやその感覚すらも砂糖の幻覚なんでしょうね・・・
 
そして1年後の今日は、雪かきをする必要のない恵まれた生活を送りながら、
変わらずやたら食べている自分。
 
砂糖の怖さについて情報収集しながらも、
相変わらず引き出しの中には、閉まりづらくなるほどのチョコレートが常備されています。
 
すいません。
ごめんなさい。
 
「ダメ・・・今日は1個だけ・・・」
とか思いながら、泣く泣くチョコをつまむ毎日です。(もうやめればいいのに。)
 
 
さて、園では今年も1年に1度のお楽しみ
 
人形劇団とんとさんによる、ワクワクドキドキのおはなし劇場がやってきました
 
以上児クラスのお友だちになると、もう毎年来てくださっていることを思い出して、
始まる前から「絶対今年もおもしろい!!」とニヤニヤが止まらない様子(笑)
 
今年のおはなしは小さいクラスのお友だちにも分かりやすい、
『さんびきのくま』でした
 
0歳児クラスのお友だちも、ほらこんなに夢中に
 
中には心地よすぎて、こうなっちゃうお友だちも♡
 
可愛い・・・
 
子どもたちは、毎回様々な楽器が見られることも楽しみの一つでして
 
ギターのような、三味線のような、
“バンジョー”というアイリッシュ音楽によく使用される楽器なのですが、
 
あまり馴染みのない三心っ子は興味津々
 
世界にはまだまだ私たちの知らない世界が広がっています
 
あぁ~今年もおもしろかったね
 
中村、早速来年度の予約も取り付けまして
次回は新作のおはなしを披露してくださるとのことで、もう楽しみであります
 
発表会をと~ってもがんばった三心っ子のみんなへ、
物質ではない、貴重な“心揺さぶる体験”のプレゼントでした
社会福祉法人育友福祉会
幼保連携型
三心えんざん認定こども園
〒918-8213
福井県福井市今泉町25-16-1
TEL:0776-53-2666
FAX:0776-53-2766
------------------------------
・通常保育
・一時保育
・0~1歳児保育
------------------------------
qrcode.png
http://sanshin-ns.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

279347
<<社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園>> 〒918-8213 福井県福井市今泉町25-16-1 TEL:0776-53-2666 FAX:0776-53-2766