社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園|福井県福井市|通常保育|一時保育、0・1歳児保育

 

ポチっと三心♥

   
「最近園ではどんなことをしているのかしら。」と感じたら、ポチっとクリック。
職員のつぶやきや、行事の様子などをお伝えしていきます☆
 

ポチっと三心♥

ポチっと三心♥
フォーム
 
あけましておめでとうございます
2019-01-08
新年 あけましておめでとうございます
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
 
いよいよ平成最後の年の幕が上がり、新しい一年がスタートしましたね
 
皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか?
中村は昨年同様、ガキ使を卒業し、
紅白歌合戦を家族でボーっと観て、
眠気をなんとか堪えながらゆく年くる年まで頑張りました。
 
中村家では午前0時になると家族で表へ出て、
近くの白山神社やあちこちにいらっしゃるお地蔵さまにお参りします。
 
もちろん大本山の方へもウキウキお参りに行きました
 
今年の年越しは良いお天気だったのですが、
少し残った雪がツルッツルに凍みっておりまして・・・
 
昨年の豪雪で派手にすっ転んだ恐怖が忘れられない中村、
寝落ち寸前だったことなどどこへやら、思いっきり目が覚めました。
 
ツルツル・・・怖い・・・
 
今年はいろんな意味でスベらない一年になりますように
 
さて、年は明けたものの、
今日の話題は年末に行われた『子ども忘年会』でございます
 
毎年、涙なしには過ごせないこの行事。
 
祖父母と孫が一緒にいる、ただそれだけで、言葉にできない感動が湧き上がってくるんです。
 
今年度は、各クラスにての保育参観と、
“円山リゾット米”を食す会の豪華2本立てでお送りしました
 
まずはホールにて毎朝やっている朝の会と朝の体操をお披露目
 
目の前でお孫さんの軟体具合を見せつけられて、
負けちゃいられぬと、祖父母の皆さまも一緒に参加してくれました
 
みんなで一緒にミッキー体操も踊りました
 
(決して怪しい団体ではないです。)
 
円山公民館の館長さんも一緒に体を動かしてくれましたよ
 
その後は各保育室へ分かれて、それぞれの活動を。。。
 
年少クラスは、年賀状作りを楽しみました
 
いつの間にか大きくなった孫と、一緒にお絵かきができる日が来たなんて…
 
と、なぜか祖父母サイドになって想像しながら、もう涙ぐむ中村。
 
一方、年中クラスでは折り紙あそびに熱中
 
だれのおじいちゃんでも、だれのおばあちゃんでも、
スゴイ折り方をしている方がいらっしゃれば、側へ行ってのぞき込む子どもたちを見ていると、
昔からある遊びの良さを再確認できますね
 
スマホのゲームでは見られない光景だと思います。
 
楽しくなってきた子どもたちが、
次から次へと「これ折って!」と難題を吹っかけてくるそうです。
 
「えぇ~・・・」と言いながらも、孫のためにと必死になってしまうのが、
コチラの図でございます↓
 
もはやおばあちゃん一人でやってるーーー
 
孫~!孫どこ行った~!?
 
そしてこちらのおじいちゃん。
 
なにをじっくり折っていらっしゃるのかと思いきや…!!!!
 
なんと1枚の折り紙から4羽の鶴がつながっている大作を生み出しておられました
 
自慢のおじいちゃんだね♡
 
この場に我が父・トシオ(64)が参加していたとしたら、
張りきりすぎてペーパークラフト作品を完成させ始めてしまうんじゃないかと震えが走りますが。
 
そしてもう一クラス、年長さんのお部屋では、
せっかくの機会なので、一人ひとり自己紹介をして頂いておりました
 
どの祖父母さんからも、
孫への可愛くて可愛くて仕方のない思いと、
本当の意味での無償の愛というものがビッシビシ伝わってきて、
 
その場に居合わせてしまった中村、はいもうアウト。号泣です。
 
その後はクラスのみんなでかるた大会を楽しんでいました
 
おばあちゃんの優しい声が読み札を読み上げる、穏やかな空気の中・・・
 
↑捕り手はおかまいなしに白熱していた模様です
 
そして昼食の円山リゾット米、いかがでしたでしょうか??
 
なかなか身近では食す機会の少ないメニューかと思いますが、
地域で生産されているということで、皆さん興味を持って召し上がってくださいました
 
『トマトソース』と『クリームソース』、そして一番人気の『味噌デミグラス』
 
中村も3種類頂きましたが、個人的にはトマトが好きです
 
ご協力いただいた円山地区の皆さま、ありがとうございました
 
そして、遠方からお越しいただいたおじいちゃん、おばあちゃん。
毎年この日を楽しみにしてくださっているおじいちゃん、おばあちゃん。
初めてご参加くださったおじいちゃん、おばあちゃん。
 
感動の時間を与えてくださって、本当にありがとうございました
 
満腹のおなかと、ほっこり幸せなこころを抱えて、
2018年の締めくくりも無事迎えることができました
 
この世に孫を愛するおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる限り、
きっとなんだか、どんなことが起きても大丈夫なような気がします。
 
2019年も良い年になりそうだ
 
年の瀬。
2018-12-28
今年も残すところあと3日となりました。
 
最近なんだか地味にバタバタしていて、なかなかポチっとを更新できず申し訳ありません
さすが師走!!
ってことにしておいて、2018年最後の更新にて(私事の)ご挨拶だけでもさせてください
 
平成最後の一年間は、とにかく一瞬で過ぎ去っていきました。
毎年同じことを言っているかもしれませんが、
年々感じる時間のスピードが速くなっていることは確かです。
 
今年は特に“結婚”という節目があり、
自身の生活に大きな変化がありました。
 
自由気まま過ぎるぐらい自由に独身貴族を謳歌していた自分にとって、
誰かと生活を共にし、
両親以外の家族のことを考えながら過ごすという毎日は、
なかなかの大革命でした。
 
いかにこれまで自分のことしか考えて生きてこなかったかを思い知らされ、
家族が居ることの幸せを噛みしめる時間が増えたのです。
 
そんな日が来るとは、夢にも思っていませんでしたが。
 
中村家では毎朝晩、お仏壇に手を合わせる習慣が当たり前にあります。
 
山下家にもお仏壇はあれど、
そんな習慣がなかった私にとって、最初はなかなか気恥ずかしいものでした。
 
なんとなく、「お願いごとをするものではない」ということは知っていましたので、
毎朝、「今日も元気に起きれたこと」への感謝と、
「家族みんなが無事に過ごせること」を願う気持ちを伝えるようにしています。
 
心の底からそう思っているから自然に出てくる言葉なのかと聞かれたら、
気持ちよくイエスとは言えませんが、
 
何事も形から入り、言葉に出すことがいつしか本物になるかな~と思って、
見よう見まねで続けています。
 
新しく家族として迎えてくれた中村家のご先祖さまと、
手厚く見送ってくれた山下家のご先祖さまを、
毎朝思い出すことが大切なのかな、と。
 
そんなことを思うようになった2018年。
 
平成最後の年に、有難い変化を頂戴いたしました。
 
新しい年からは、そんな貴重な自身の学びを
できる限り子どもたちや、先生たちに伝えていける中村でありたい。
 
そう宣言いたしまして、暮れのご挨拶とさせて頂きます。
雪が降り続く年末年始となりそうですが、
どうか皆さまお元気に新しい年を迎えられますようお祈り申し上げます。
 
本年も大変お世話になりました
平成最後の数か月 そして新年号となる2019年も
変わらずご指導ご鞭撻賜りますよう 何卒よろしくお願い申し上げます
 
2018年 12月28日
三心えんざん認定こども園 中村香苗
 
 
年賀状・・・書かなあかーん!!!!
2018-12-17
いよいよ師走も真っ只中、
平成30年も残り2週間となってしまいましたね
 
年が明けると、また前厄に突入することを知って愕然としている中村です。
こんにちは・・・
 
30代の女性は、ほぼずーーーっと厄年です。
 
それだけ公私ともに忙しく、心身ともに疲労困憊する年代ということでしょう。
世の男性の皆さん、30代の女性のことは存分に労って、
優しく接してあげてくださいね(もちろん自分含む。)
 
さて、先日12月15日は皆さんご存知の通り、
年賀状の投函開始日でした
 
三心OBの皆さんならもちろん、12月15日に投函完了してるはず♡
 
なぜなら、歴代年長さんのお友だちが、
12月15日に南郵便局さんで開催される『年賀状セレモニー』に毎年参加させてもらっているからです
 
今年もまたお声掛けいただき、ありがたく参加させて頂きました
 
来年の干支はイノシシということで、郵便局のホールには、
 
こんなに可愛いイノシシゴタツが飾られていました♡
 
ポストもこんなに可愛いことに
 
毎年、郵便局員さんもクオリティーを上げてきており、
私たち保育士もお手本にさせて頂いております!!
 
郵便局長さんよりご挨拶を頂き、
 
みんなで『♪ジングルベル』と『♪お正月』を演奏&歌いました
 
そしてメインイベントの年賀状投函
 
三心っ子の年賀状は、世にも珍しい「自分で書いた年賀状が自分に届く」システム。
 
担任の先生からのお楽しみメッセージが添えられて、
元旦に手元へ帰ってくる、そんなイリュージョンです
 
「無事に届きますように・・・」
と、一人ひとりが願いを込めて、
そぉっと、大事に投函します
 
中村は園の一眼レフカメラを構えて、キャメラマン役に徹する気持ち満々で臨んでいたのですが、
セレモニーには天下のNHKさんを始め、
福井新聞さんやその他報道各社の皆さまがいらっしゃっているため、
 
ド素人の中村なぞ、
「先生、ちょっとカメラに写っちゃうんで移動してもらっていいですか?」
とサラッとフェードアウトを促され・・・
 
↑頑張って隙間からこれぐらいの写真しか撮れず・・・
 
報道陣の皆さんがいない隙をねらって、
 
笑顔ちょーだい!!の写真やっと撮れた
 
あらゆるアングル、あらゆるポーズを要求されながら、
三心っ子全員の年賀状、無事投函し終わりました
 
しっかりインタビューも受けておりましたよ
 
その後、記念品の授与もさせて頂き、
 
セレモニーは滞りなく終了~
 
その後は、郵便局の裏側、
年賀状の仕分け機の見学をさせて頂きました
 
子どもたちは初めて見る、大きな機械に大興奮
 
代表のお友だちが、ボタンを押すと、
 
超高速でハガキが郵便番号別に仕分けられていきます。
 
人間の手がやると、1時間に超ベテランさんで3,000枚くらい仕分けるところ、
こちらの機械は1時間で5万枚ものハガキを処理していくのだとか・・・
 
機械って・・・すごいですね
 
年々、スマホやインターネット上で新年の挨拶を済ませる人が増え、
昔ながらの年賀状でやりとりをする文化が減少しているそうです。
 
ピークはなぜか2003年の44億枚であったのに対し、
2018年は24億枚と、約半数に激減・・・
 
一体何があったのかは知りませんが、
古き良き文化が一つひとつ衰退していくのは仕方がないようですがやはり、
淋しいなぁと感じます。
 
相手の顔を思い浮かべながら、
直筆で心を込めて書いた文字には、
その人の人柄や、想いや、人生が映し出される気がします。
 
中村も、三心に勤め始めてからようやく、毎年年賀状を書くようになりました。
 
大人になると出会いも増えたけど、別れも増えましたから。
 
「元気でね、また会おうね」と遠距離になった友人や仕事仲間には、
急にメールをするのもなんだかこっぱずかしいし、
年に一度の年賀状で、お互い元気かどうかの現況報告をしています。
 
たかが年に一度ですが、
年に一度だからこそ楽しみであり、絆の大切さを実感できるような気がします。
 
 
なーーーんて、エラそうに言ってるけどまだ書いてないからねーーー!!!!
今週末に頑張るよー!!!!
 
みなさ~ん、年賀状は25日までに投函しましょう
 
P.S. えいぼうくんも来てたよー(ゆめまるくんも!!)
 
 
大富豪の家。
2018-12-11
ついに先日、福井にも初雪が降りましたね
 
中村の居住地域は一晩で一面銀世界と化し、
 
中村の顔面は一瞬で青ざめ、
 
「ついこないだまで雪、見てた気がする・・・」
と、大変ブルーな気持ちに陥りました
 
しかし、まあ、
この温暖化が激しく進む現代において、
『雪がちゃんと降る』というのは自然の摂理にかなっていて、
 
本当は有難いことなのだと自分に言い聞かせて、
この冬も乗り越えるしかないと、分かっちゃいます。
 
どうかどうか・・・
無事に一冬越せますように・・・
 
 
さて、大人たちがそんな本格的な冬の到来にガックリ肩を落とす中、
子どもたちはなんだか楽しいイベントが立て続きの12月にウキウキ
 
例年よりずいぶん遅れてしまいましたが、
本日ようやく、三心のクリスマスムードをお伝えできます
 
年々パワーアップしてゆく三心のクリスマスに対する情熱ですが、
今年ももちろん新たな仲間たちが加わり、
玄関ホールは大富豪の家と化しました
 
どこからともなく聞こえてくる、
♪ジングルべ~ル ジングルべ~ル・・・
 
の曲が、よりワクワク感を高めてくれます
 
このように園長先生がご準備くださる装飾ももちろん素敵なのですが、
 
でもさらに園内を彩ってくれるのが、子どもたちの作品です
 
まずは0歳児クラスさんの、可愛いとんがり帽子
 
おうちでパーティーするときにぜひかぶってね♡
 
1歳児クラスさんは、ツリーのオーナメントに、
 
よ~く見るとサンタに扮した我が子のお顔がぶら下がっています
 
ちびちびサンタ、可愛いですね
 
2歳児クラスさんはシャレ乙な雪だるまのオーナメント
 
まるでアイシングクッキーみたいでおいしそう…♡
 
3歳児クラスさんは定番のクリスマスリース
 
紙粘土が土台だと、好きな装飾が埋め込まれて楽しく作れそうですね
 
4歳児クラスさんは、最近流行の(?)・・・
 
コレ、なんていうやつなんですかね・・・?
 
カクテルみたいに美味しそうでキレイなグラデーションになってる、アレです。
 
なんと、保冷剤に絵の具を混ぜて作っているんですって
夏場も凍らせるとイイかも♡
 
そして5歳児クラスさんは、こちらのツリー!!
 
タマタマを一つひとつ作って、一つひとつツリーになるように貼り付けた力作です
 
本当に何日も何日もかけて、がんばって作り上げました
ずっととっておきたい、オシャレなツリーが出来上がりましたね
 
これからクリスマスまで、三心の玄関はみんなの作品展になっています
 
送迎の際にはぜひ、ゆっくりとご覧いただき、
子どもたちのがんばりを作品からお感じ頂ければ幸いです
 
クリスマスまであと2週間
 
サンタさん、来てくれるかな~??ウキウキ
 
 
いいとこみつけた。
2018-12-05
両太ももにホッカイロを貼っておくと、
汗ばむほどあったかくなることを知った中村です、こんにちは。
 
今日も暑いですね。(ホッカイロのせい)
 
地味に3年ほどカイロプラクティックに通っているのですが、
太ももがやたら冷えていることを指摘されたため、
腰と両太ももにホッカイロ生活、始めました。
 
ホッカイロから発せられる熱が良いか悪いかは別として、
とにかくやたらあったかいのです。
 
暑がりの中村には考えられなかったホッカイロ生活ですが、
やってみると心なしか血流が良くなったようで、
 
寝起きの腰痛がなくなったような・・・気がします。
 
病は気から、と申しますので、
そんな気がするってことで今後もホッカイロにはお世話になろうと思います。
 
皆さんも太もも触ってみて、「なんか冷たい・・・」と感じたら、
ぜひペターッと貼り付けて生活してみてください
 
あぁ~カモシカの脚になる日もそう遠くないなこりゃ
 
 
さて、本日の三心っ子は、
5歳児クラスと1歳児クラスのお友だちでちょっとお出かけ
 
例年なら12月のこんな時期は、発表会だーーーー!!!!とバタバタしている頃なのですが、
今年は2月開催のため、お出かけできちゃうくらいのんびりと過ごせています。
 
どこへ行ったかと申しますと・・・
 
『内水面総合センター』という、聞いただけでは頭に?が飛ぶ施設です。
 
実はココ、園からバスで10分もかからない所にあります、
淡水魚を展示したミニ水族館のような施設なのであります
 
しかも入場無料!!!!(月曜休館です。)
 
入口には鯉がたくさんいる池があって、
 
エサやり体験ができます
 
昭和に話題となった、懐かしの人面魚っぽい子もいて、
地味にテンションが上がった中村。
 
この気持ちを分かってくれる人が必ずいるはず。
 
中に入ると、大きな水槽があって、
 
推定30~40歳くらいのご長寿鯉が優雅に泳いでいます。
 
館長さんがものすごく丁寧に案内して下さいました。
 
ありがとうございました
 
魚釣りゲームができるコーナーも!
 
年長さんたちは、各々役割分担をしながら、上手に遊びますw
 
バケツ係もちゃんといます。
 
何の魚を釣ったかを検証する係もいます。
 
このゲームでどうやら、「川のギャング」(外来魚のこと)という言葉を覚えたようです。
 
そして外へ出るとなんと、
 
こんなに広くて楽しそうな広場があります
 
人口の川が流れていて、夏場だと安全に水遊びができるそうです。
 
恐ろしくも、石を渡らせてもらいました(お願いだから滑って落ちないで。)
 
なぜか滝行ができそうなコーナーも・・・
 
アユが放たれている池もあるのですが、
 
毎日コイツ↓がずーーーっと張り付いていて、
 
隙あらばアユをどんどん食べていくらしく、アユの数が激減したそうです(悲)
 
鳥よけネットとか…張れば…イイんじゃ…?
 
とは言えませんでしたが、悲しいけれど自然の摂理ですのでしょうがないです。
しかしあのサギはラクしておまんま食べてますね…
 
もう少し奥へ行くと、木製の大型遊具もあるそうで、
めちゃめちゃ魅力的な施設だと思いました
 
夏場に来たら1日遊べそう・・・♡
 
大人の方向けのクイズコーナーや、
 
お子さまが描いた絵を展示してくださるスペースもあって、
 
休日にご家族で足を運んでみるのも楽しそうですよ
 
あ、別に中村、内水面センターのまわし者では決してございませんが!!
 
そして今日は、1歳児と5歳児の合同ということで、
お兄ちゃん・お姉ちゃんたちがチビーズたちに振り回されながらも、
献身的に面倒をみようとする一生懸命な様子と、
 
憧れのお兄ちゃんたちとなんとか同じことをやってみたくて一生懸命なチビーズの可愛い姿を、
 
たくさん見ることができて、ほっこりしました
 
ゲームパネルがやりたくて泣く1歳児に、
「ゲームやりたいの?ちょっとまってね、次代わってもらおうね。」
と目線を合わせて優しく声を掛ける5歳児を見て、
 
涙腺がどんどんゆるくなった中村は、涙ちょちょぎれる寸前となっておりました・・・
 
ちょっとしたお出かけでしたが、
5歳児さんにとっても、1歳児さんにとっても、
とても意義のある、素晴らしいひとときとなったのではないでしょうか
 
また一緒に、お出かけしようね♡
社会福祉法人育友福祉会
幼保連携型
三心えんざん認定こども園
〒918-8213
福井県福井市今泉町25-16-1
TEL:0776-53-2666
FAX:0776-53-2766
------------------------------
・通常保育
・一時保育
・0~1歳児保育
------------------------------
qrcode.png
http://sanshin-ns.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

272878
<<社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園>> 〒918-8213 福井県福井市今泉町25-16-1 TEL:0776-53-2666 FAX:0776-53-2766