社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園|福井県福井市|通常保育|一時保育、0・1歳児保育

 

ポチっと三心♥

   
「最近園ではどんなことをしているのかしら。」と感じたら、ポチっとクリック。
職員のつぶやきや、行事の様子などをお伝えしていきます☆
 

ポチっと三心♥

ポチっと三心♥
フォーム
 
やばい、あさってだ。
2019-01-31
大変長らく更新を滞ってしまいましたが、
ようやくポチっとへ意識が向くようになりました
 
先週1週間は体調を崩しておりましたゆえ、
発表会までのラスト一週間で鬼量の仕事をこなしました。
 
人間、集中すればなんだってできるもんで、
例年2週間かけてしていたことを、まさかの3日間で終わらせるという結果に。
 
いかに今までボーっと生きてきたかを思い知らされる3日間となりました・・・
 
そしてふと気が付くと、
発表会が、やばい、あさってに迫っている。
 
あんなに「発表会の話題をアップする」と豪語しておいて、
まだ1回しか挙げてないやないか
 
いろいろ試行錯誤した結果、あと2日間ではとてもお伝えしきれないため、
 
中村、つ、ついに・・・!!
 
ホームページに動画を貼り付ける方法を習得~~~(今さら~~~)
 
当日の開演直前に流す、スライドムービーをアップすることに成功しました
 
なぜ今までやろうと思わなかったんだ、自分!!
 
やはりボーっと生きてきたんでしょうね、自分!!
 
思いっきりチコちゃんに叱られればいいんだ、自分!!!!
 
ということで、ポチっとファンの皆さまへ先行配信
只今より、『保護者様専用ページ』内にて、
 
Sanshin Recital 2018 the Movie を解禁いたします
※※※PCのみ閲覧可※※※
 
当日開演前にももちろん上映いたしますが、
ぜひご家庭でもご覧になって、家族全員であさってへの気持ちをグングン高めて頂きたいと思います
 
在園の保護者様に向けた限定配信となっておりますので、
無断での転付や流出は禁止といたします旨、ご了承ください。
 
 
さぁ、さっそく保護者様ページへログインしてください
 
お正月休みを挟み、連日なんだかんだと時間がない中、
子どもたちは本当にいつも前向きに、楽しんで取り組んできました。
 
焦るばかりの私たち大人を、
「大丈夫、安心して!」
と落ち着かせてくれるのは、いつだって子どもたちです。
 
どうやら、ばっちりな仕上がりとモチベーションを本番当日へ持っていけそうな雰囲気ですよ
 
今年も最高の舞台を皆さまへお届けします
 
どうぞ、お楽しみに~~~
 
 
 
発表会まであと2週間!!
2019-01-18
なんだかんだで1月も下旬に差し掛かろうとしている今日この頃。
 
年末からほぼ毎晩、ドラマ『深夜食堂』と『孤独のグルメ』を地味に観進めている中村。
 
とにかく食べ物に対する欲求と憧れが強すぎるラインナップ。
 
深夜食堂の方は、人情あふれるストーリー性があるのですが、
孤独のグルメの方は完全なる飯テロと呼ばれる、ただただウマそうな飯を喰らう内容です。
 
孤独のグルメのおもしろいところは、
実在する飲食店で、実在するメニュー、そしてそれを松重豊さんがマジで食べる、という『リアル』だと思います。
 
だから、観ている側も『リアル』にその味を想像して、
「今度行けるかもしれない」という『リアル』な希望を持てるのです。
 
実際に、未開拓の飲食店を見つけると、
「孤独のグルメっぽい!」という理由でのれんをくぐるようになってしまいまして。
 
おかげで若者や主婦の皆さんが大好きな、
ウッディーでモダンな感じのオサレcaféには興味がなくなった、
 
34歳・主婦。
 
さらにそのおかげで、
どんどん肥えてゆく、
 
34歳・主婦。(と旦那さん。)
 
ということで、ボーっとテレビを観たい方にお勧めの、深夜食堂と孤独のグルメをご紹介しました
 
さて、本日からはいよいよ発表会に向けた取り組みの様子をお届けしていきたいと思いまーす
 
実は今日、すでに1回目のリハーサルを終えまして。
まずは0歳児クラスと1歳児クラスのステージからご紹介
 
0歳児クラスさんは、ずっと取り組んできた楽器あそびと運動あそびを取り入れた、
日常の様子をステージ上でも再現します
 
とりあえず居るだけで可愛いのですが、
またさらに可愛い衣装を着ちゃうもんでもう・・・
 
後ろ姿がキュン死寸前!!
 
これぞ萌えテロ!!!!
 
可愛すぎて泣けるレベルのステージをお約束します
 
こんな姿だって見せちゃうんだから♡♡♡
 
そしてそして、お次は1歳児クラスのお友だち
 
「11ぴきのねこ」をごっこあそびで表現します
 
・・・ん?
11ぴきのねこなのに、鬼・・・?
 
そうなんです、ねこと鬼がコラボするオリジナルストーリーです。
 
あぁ、クラスのみんなが大好きな絵本なのね~と思われがちですが、
イチバン初めは、あるお友だちがお魚のおもちゃを引っ張りながら、
「にゃごにゃごにゃご~」と言っていたのが始まりだそうです。
 
それに気づいた担任の先生が、11ぴきのねこシリーズの絵本をたくさん読み聞かせると、
絵本によく出てくる『おさかな』に興味津々になって、
 
以前ポチっとでもお届けした“内水面総合センター”へ行ったり、
おさかな釣りごっこをしたりして盛り上がったのです。
 
するとある日突然、子どもたちの間で、
「オニだじょ~~~!」と指で角を表現して走る追いかけごっこが発生。
 
こうして、鬼も大好きになったみんなの姿をミックスしてできあがったのが、
「11ぴきのねことおにだゾ~」のストーリーだそうですw
 
ね、いろいろ背景があっておもしろいんですよ
 
最近すごく上手になった、パンツを履く技披露の場面があります
 
ペタンと座って、片方ずつゆっくり足を入れて、
ただ、パンツをはく・・・
 
たったそれだけ、と思われがちですが、
ちゃんと“できるようになった”成長の証なのです
 
ほらね、おケツがぷり~んってなるまでしっかり上げるの
 
こんな感じでチビッ子クラスのお友だちも、発表会に向けて楽しく取り組んでいます
 
来週は2歳児クラスのお友だちの様子から順にお届けしま~す
あと2週間、(先生たちも)がんばるぞ~
 
保育士は演者。
2019-01-11
今年も残すところ、あと355日ですね
 
そういう数え方をするなって?
 
巷ではいよいよ、5月からの新しい年号はなにか、という話題がヒートアップしてきましたね
 
いろいろと決まりがあるということで、
考える人はさぞかし大変な思いをしていらっしゃることでしょうね…
 
一体誰が考えて、誰が決定するんですかね?
 
数人であれこれ悩むくらいなら、いっそのこと国民から公募したら良いんじゃないでしょうかね?
 
え?もはや公募なんですか?
 
チョットヨクワカラナイですけど、
私だったら・・・いくつか候補はあるんで挙げましょうか?
 
いや、採用されちゃったら怖いんで秘密にしておきましょ♡(可能性ゼロ)
 
まぁなんでも良いと言っちゃえばそこまでなんですけど、
せっかく日本国の大きな節目ですから、
国民みんなであれこれ思いや考えを巡らせてみるのに、イイ機会なんじゃないでしょうか
 
さて、本日の三心っ子は、1月生まれのお誕生会を楽しんでおりました
 
今月は新年会も兼ねた誕生会でした
 
1月から入園してきてくれた、0歳児のお友だちも♡
 
初めての大勢の前に出る誕生会、びっくりしないでね~
 
三心の誕生会と言えば、今年度から保護者さんにご協力いただき、
当日はマイクも押し付けられるという、
お子さまに関する一言アンケートが名物となりつつありますが。
 
中村はこの時間がとっても大好きです
 
今月は『おかげさま』のテーマに沿って、
“お子さまの大好きなところ”と、“わが子のおかげさまを感じたエピソード”の2つを質問させて頂きました。
 
「パパとママのところに産まれてきてくれたおかげで、いのちの重みを知ることができました。」
「わが子が産まれてきてくれたおかげで、他人にも優しい気持ちになれることが多くなりました。」
「わが子のおかげで、毎日家族が笑顔になれます。」
 
日ごろから当たり前のようにあるおかげさまも、
こうして改めて面と向かって伝えてみると感謝が深まるものですね。
 
きっと生まれて初めてに近い、親から子へ伝える本音のメッセージ。
 
言わされないとなかなか言わないものですが、
言わないとなかなか伝わらないものです。
 
今月もまた、聞かせて頂きながら目頭があつ~~~くなる中村なのでした
 
さて、続いて新年会コーナーが始まります
 
久しぶりに中村が担当でしたので、張り切って大好きな寸劇を♡
 
先生たちは中村が担当の月は、すーぐ寸劇人員に動員されるから、
いつも怯えているだろうな~と思います。
 
ちなみに、十二支がどうやって決まったのか、というストーリーでした
 
十二支プラス、猫が登場するおはなしなのですが、
さすがに13人も先生を動員するわけにはいかず、
一人2~3役をこなすという荒業にて、先生5人で演じ切りました
 
さすが三心の先生たちは、見事な演者です
 
寸劇は大爆笑の渦で幕を閉じ、
最後は毎年恒例の三心開運おみくじをひいて終わりです
 
「だいきち」「ちゅうきち」「きち」しか入っていないという、
夢のようなおみくじ。
 
みんな、お友だち同士で何が出たか見せ合いっこするのも毎年恒例です
 
おみくじって、結果はどうあれ、
やっぱり引くときのワクワク感がやめられないんでしょうね
 
こんな感じで2019年の新春誕生会も無事終了~
 
さーて、次週からはいよいよ、
3週間後に控えた三心っ子発表会に向けた取り組みの様子をアップしていきたいと思いま~す
 
どうぞお楽しみに
 
あけましておめでとうございます
2019-01-08
新年 あけましておめでとうございます
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
 
いよいよ平成最後の年の幕が上がり、新しい一年がスタートしましたね
 
皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか?
中村は昨年同様、ガキ使を卒業し、
紅白歌合戦を家族でボーっと観て、
眠気をなんとか堪えながらゆく年くる年まで頑張りました。
 
中村家では午前0時になると家族で表へ出て、
近くの白山神社やあちこちにいらっしゃるお地蔵さまにお参りします。
 
もちろん大本山の方へもウキウキお参りに行きました
 
今年の年越しは良いお天気だったのですが、
少し残った雪がツルッツルに凍みっておりまして・・・
 
昨年の豪雪で派手にすっ転んだ恐怖が忘れられない中村、
寝落ち寸前だったことなどどこへやら、思いっきり目が覚めました。
 
ツルツル・・・怖い・・・
 
今年はいろんな意味でスベらない一年になりますように
 
さて、年は明けたものの、
今日の話題は年末に行われた『子ども忘年会』でございます
 
毎年、涙なしには過ごせないこの行事。
 
祖父母と孫が一緒にいる、ただそれだけで、言葉にできない感動が湧き上がってくるんです。
 
今年度は、各クラスにての保育参観と、
“円山リゾット米”を食す会の豪華2本立てでお送りしました
 
まずはホールにて毎朝やっている朝の会と朝の体操をお披露目
 
目の前でお孫さんの軟体具合を見せつけられて、
負けちゃいられぬと、祖父母の皆さまも一緒に参加してくれました
 
みんなで一緒にミッキー体操も踊りました
 
(決して怪しい団体ではないです。)
 
円山公民館の館長さんも一緒に体を動かしてくれましたよ
 
その後は各保育室へ分かれて、それぞれの活動を。。。
 
年少クラスは、年賀状作りを楽しみました
 
いつの間にか大きくなった孫と、一緒にお絵かきができる日が来たなんて…
 
と、なぜか祖父母サイドになって想像しながら、もう涙ぐむ中村。
 
一方、年中クラスでは折り紙あそびに熱中
 
だれのおじいちゃんでも、だれのおばあちゃんでも、
スゴイ折り方をしている方がいらっしゃれば、側へ行ってのぞき込む子どもたちを見ていると、
昔からある遊びの良さを再確認できますね
 
スマホのゲームでは見られない光景だと思います。
 
楽しくなってきた子どもたちが、
次から次へと「これ折って!」と難題を吹っかけてくるそうです。
 
「えぇ~・・・」と言いながらも、孫のためにと必死になってしまうのが、
コチラの図でございます↓
 
もはやおばあちゃん一人でやってるーーー
 
孫~!孫どこ行った~!?
 
そしてこちらのおじいちゃん。
 
なにをじっくり折っていらっしゃるのかと思いきや…!!!!
 
なんと1枚の折り紙から4羽の鶴がつながっている大作を生み出しておられました
 
自慢のおじいちゃんだね♡
 
この場に我が父・トシオ(64)が参加していたとしたら、
張りきりすぎてペーパークラフト作品を完成させ始めてしまうんじゃないかと震えが走りますが。
 
そしてもう一クラス、年長さんのお部屋では、
せっかくの機会なので、一人ひとり自己紹介をして頂いておりました
 
どの祖父母さんからも、
孫への可愛くて可愛くて仕方のない思いと、
本当の意味での無償の愛というものがビッシビシ伝わってきて、
 
その場に居合わせてしまった中村、はいもうアウト。号泣です。
 
その後はクラスのみんなでかるた大会を楽しんでいました
 
おばあちゃんの優しい声が読み札を読み上げる、穏やかな空気の中・・・
 
↑捕り手はおかまいなしに白熱していた模様です
 
そして昼食の円山リゾット米、いかがでしたでしょうか??
 
なかなか身近では食す機会の少ないメニューかと思いますが、
地域で生産されているということで、皆さん興味を持って召し上がってくださいました
 
『トマトソース』と『クリームソース』、そして一番人気の『味噌デミグラス』
 
中村も3種類頂きましたが、個人的にはトマトが好きです
 
ご協力いただいた円山地区の皆さま、ありがとうございました
 
そして、遠方からお越しいただいたおじいちゃん、おばあちゃん。
毎年この日を楽しみにしてくださっているおじいちゃん、おばあちゃん。
初めてご参加くださったおじいちゃん、おばあちゃん。
 
感動の時間を与えてくださって、本当にありがとうございました
 
満腹のおなかと、ほっこり幸せなこころを抱えて、
2018年の締めくくりも無事迎えることができました
 
この世に孫を愛するおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる限り、
きっとなんだか、どんなことが起きても大丈夫なような気がします。
 
2019年も良い年になりそうだ
 
年の瀬。
2018-12-28
今年も残すところあと3日となりました。
 
最近なんだか地味にバタバタしていて、なかなかポチっとを更新できず申し訳ありません
さすが師走!!
ってことにしておいて、2018年最後の更新にて(私事の)ご挨拶だけでもさせてください
 
平成最後の一年間は、とにかく一瞬で過ぎ去っていきました。
毎年同じことを言っているかもしれませんが、
年々感じる時間のスピードが速くなっていることは確かです。
 
今年は特に“結婚”という節目があり、
自身の生活に大きな変化がありました。
 
自由気まま過ぎるぐらい自由に独身貴族を謳歌していた自分にとって、
誰かと生活を共にし、
両親以外の家族のことを考えながら過ごすという毎日は、
なかなかの大革命でした。
 
いかにこれまで自分のことしか考えて生きてこなかったかを思い知らされ、
家族が居ることの幸せを噛みしめる時間が増えたのです。
 
そんな日が来るとは、夢にも思っていませんでしたが。
 
中村家では毎朝晩、お仏壇に手を合わせる習慣が当たり前にあります。
 
山下家にもお仏壇はあれど、
そんな習慣がなかった私にとって、最初はなかなか気恥ずかしいものでした。
 
なんとなく、「お願いごとをするものではない」ということは知っていましたので、
毎朝、「今日も元気に起きれたこと」への感謝と、
「家族みんなが無事に過ごせること」を願う気持ちを伝えるようにしています。
 
心の底からそう思っているから自然に出てくる言葉なのかと聞かれたら、
気持ちよくイエスとは言えませんが、
 
何事も形から入り、言葉に出すことがいつしか本物になるかな~と思って、
見よう見まねで続けています。
 
新しく家族として迎えてくれた中村家のご先祖さまと、
手厚く見送ってくれた山下家のご先祖さまを、
毎朝思い出すことが大切なのかな、と。
 
そんなことを思うようになった2018年。
 
平成最後の年に、有難い変化を頂戴いたしました。
 
新しい年からは、そんな貴重な自身の学びを
できる限り子どもたちや、先生たちに伝えていける中村でありたい。
 
そう宣言いたしまして、暮れのご挨拶とさせて頂きます。
雪が降り続く年末年始となりそうですが、
どうか皆さまお元気に新しい年を迎えられますようお祈り申し上げます。
 
本年も大変お世話になりました
平成最後の数か月 そして新年号となる2019年も
変わらずご指導ご鞭撻賜りますよう 何卒よろしくお願い申し上げます
 
2018年 12月28日
三心えんざん認定こども園 中村香苗
 
社会福祉法人育友福祉会
幼保連携型
三心えんざん認定こども園
〒918-8213
福井県福井市今泉町25-16-1
TEL:0776-53-2666
FAX:0776-53-2766
------------------------------
・通常保育
・一時保育
・0~1歳児保育
------------------------------
qrcode.png
http://sanshin-ns.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

293103
<<社会福祉法人育友福祉会 幼保連携型 三心えんざん認定こども園>> 〒918-8213 福井県福井市今泉町25-16-1 TEL:0776-53-2666 FAX:0776-53-2766